So-net無料ブログ作成
検索選択

CURURUからお引越し。。 [ごあいさつ]

CURURU終わっちゃうのでどこに引越ししょうか色々迷いました。
ここso-netは明るいいい感じな場所なんだけれど
何しろ。。。よっこらしょ~ってかけ声かけたくなるほど
ゆっくりさん。
せっかちな私はちょっと貧乏ゆすりが出てしまうのです^^;
でまだ、完全に引越しが済んでいません。
おまけに容量がオーバーしてしまい、容量追加申請しました^^;
ということで、ここはサブブログにしました。
これからは
Blogger
がメインになります。
でもso-netも同時に見に来ますよ~。
P1070385.JPG
 
では、またお暇なときは遊びに来てくださいね。

nice!(0)  コメント(0) 

何年まえ?

これだけ連続で投稿しているとだんだんネタがなくなってきます^^;


いつもたいしたこと投稿しているわけではないのですが、


やっぱり閲覧してくださる方々の事も少しは考えて、無意味な投稿したくないし・・・・


      (ってもう、決まった人しかワタシのヘッポコなブログ見てくれてないもんね(笑))


                   イツモ、アリガトウデス   m(_ _"m)


 


 


 


 


 


 


 


で、ず~っと温めてきたやつを。。。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


とっておき、生 顔出し('ー') フフ


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


かわいい~んだから~。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


   


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 




にらめっこ

 

 

 

 

 

 

 


 



 

よしよし。。

 

 

 

 

 


 



いいこ。いいこ。


 

 

 

 

 

 


 



 

ふふっ大好き~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、ワタシの2,3歳のころ。

お隣のシェパード犬「ピコ」と大の仲良しだったそうです。


 

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(3) 

「ほほえみ」

主人が、毎月購読しているPHP。


私も主人が読んだ後に目を通すのですが、3月号に特集として掲載されていた


『「ほほえみ」という詩に出会い』という記事を読んで、とても感動しました。


 


この文は


ノートルダム清心学園理事長の渡辺和子さんが書かれました。


 


 


ある時、一人の大学生から葉書をもらいました。


「シスターのこころには、波風が立つ事はないのですか。いつも笑顔ですが」


私は返事を書きました。「とんでもない。波風が立つときもあります。ただ、自分で処理して、


他人の生活まで暗くしないように、気をつけているだけなのです。」


 


シスターになったからといって、人間である限り、いつもこころが平穏であるはずはありません。


心ない人の言葉や態度に傷つき、思うように行かない物事に心騒がせ、体の不調で笑顔の


むつかしいことがあります。


 


生来、勝気な私は、特に管理職という立場のいることもあって、人前では明るく振舞い、笑顔でいるように心がけています。暗い顔をしても物事がうまくいくわけでもないし、他の人の生活まで暗くする権利はないと、言い聞かせている事はたしかです。


生まれつき笑顔の少なかった私が、笑顔を多くし始めたのは、誠にお恥ずかしいきっかけからでした。二十代にはいって、アメリカ人と一緒に働くようになったある日、一人の男性職員から、「渡辺さんは笑顔が素敵だよ」と言われた事によるのです。


褒めるということは大切なのですね。


 


笑顔で生きるということに、もう少し自分らしい意味を与えるようになったのは、三十代になってからの「ほほえみ」という詩との出会いでした。


ほほえみは、「お金を払う必要のない安いものだが、相手にとっては、非常に価値の持つ物だ」


と言う言葉に始まる詩は、次のようにしめくくられていました。


 


 


 


もしあなたが 誰かに期待したほほえみが得られなかったら


 


不愉快になる代わりに


 


あなたのは方から ほほえみかけて ごらんなさい


 


ほほえみを忘れた人ほど それを必要とする人は いないのだから


 


 


 


 


この詩との出会いは、私の笑顔の質を変えました。


チャームポイントとしての笑顔から、他人への思いやりとしての笑顔、そして更には自分自身の心の戦いとしての笑顔への転換の始まりとなったのです。


それは、ほほえむことのできない人への笑顔であると同時に、相手の出方に左右される事なく、私の人生を笑顔で生きると言う決意であり、主体性の表れとしての笑顔へと変わっていきました。


 


 


 


 


 


 


つい最近、職場でのいざこざがあり、周りを見回すと誰一人として笑顔のひとはいないことに気が付きました。


 


 


 


 


そう。そんな時こそ笑顔で。。。。


 


 


 







 

 

 


 


nice!(0)  コメント(2) 

雑談

今日は久しぶりに次男と話をした。


 


「ナウいとダサいって同時期にできた言葉だって知ってた?」


 


「え~っ。しらん。  ダサいは今でも使うやん。せやけどナウいはもう死語に近いで。」


 


「うん。せやけどそうらしい・・・。」


 


「らしい・・・か。」


 


 


「ナウいの語源はなんとなくわかるやろ。NOW=今=今っぽい。やろ。


 


なら、ダサいは?」


 


「え~?なんやろ~?」


 


「『いなか』って『田舎』って書くやろ。 田舎→たしゃ→だしゃ→が形容詞化して『ダサい』


 


になったんやって。」


 


「お~っ!なるほど~!」


 


 


 


 


「でも、母さんが子どもの時ナウいはあったけど、ダサいはなかったな~」


                                           化


「どうも、ダサいはその時代の風潮ににあわへんかったから、すぐに死語したらしいで。」


 


 


 


 


「ふ~ん。今や『ナウい』って言うやつは『ダサい』やん」 (笑)


 


 


 


                             ってなたわいもない会話をいたしました。。。。


 


 


 


あまり、男の子はおしゃべりしないので、時々さびしい思いをするのですが、


 


今日、外は冷たい雨が降るのに、心温まるひと時を持つことができました。


 


 


 


 


 


駄菓子菓子・・・                      ←マルサちゃん・・・借りましたm(_ _"m)ペコリ


 


 


 


 


その、一時間後・・・・「かあさん。車かりるで~~~ぇ」


 


 


 


と言って、彼女を乗せてどこかにお出かけ行きましたとさ。。チャンチャン。。


 


 


 


 


                             あ~息子も大きくなると彼女にとられちゃって寂しいねぇ~。


 


 


 




で、私のお相手はこの子達♡


 



桃太郎



ローラ

 


 



ファンファーレ

 

 

 




京美人

 

 

 





nice!(0)  コメント(6) 

つかの間の晴れ間に。。。

今日は久々に太陽が顔を出しました。


一昨日は啓蟄と聞き、庭にも小さな生き物が顔を出していないかしらと


あたりを、よ~く見回しますが・・・・


まだまだ、気温が高くないからでしょうね。


この頃になると出てる、トカゲやヤモリはまだ、お目覚めではないようです。


 


 


 





 

ツワブキの鉢には、コケの花。

あまりに美しいのでモデルになっていただきました。

 

 

 

そして、ビックリしたのがこんなにも出ていたヒヤシンスの花芽

 




 

 

着実に春は近づいていますね。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は嬉しい便りも・・・・

 

 

 

 

 



 

京都のかわいい娘からの。。。。チキンじゃないよ(^ー^* )フフ♪

 

新鮮お野菜の詰め合わせ。



早速今夜のお夕飯に。。。

 

 

牛蒡、人参、(人参の葉も) の きんぴらさん

 

 

おいしくいただきました。

 

本当にありがとう。

 

 


 


nice!(0)  コメント(4) 

なたね 梅雨


職場の同僚の揉め事・・・・・

 

職場最古参の Tさん 。

立場はサブリーダー的存在

朝は8時から夕方4時30分までの勤務。

 

お昼からの勤務の Kさん と昔から犬猿の仲。

 

Tさん Kさん

お互いに、言いたい事を、考えもなく言うタイプ。

 

 

最近、お昼からの人数が少ないせいか、

二人の間で仕事量の違いと

二人の仕事の配分方法でケンカ!!

 

タイムレコーダの前で言い合いに。。

 

お互いが、私はコレだけ一生懸命やってるのに認められていない!

 

       あなたは全然仕事していない!

 

と言い張って、腹を立てている始末。

 

 

 

私から見たら、全然ちがう。二人ともしっかり仕事しているし

回りの人も二人に信頼を寄せているのに。。。。

 

 

 

 

そんな間に立つ私たちはとっても悲しい思いをしています。

 

もう少し歩み寄ってお互いのことを考えて接すればそんなことにならないのに。。。

 

 

その件について

ブランチリーダーから私に相談のメールが入る。。。

彼女(若い女性のリーダーなのです)も色々悩んだみたい。

 

心身不安定な初老のおばさんのケンカ。。。

あんまり、深刻に考えんと、高みの見物しとき~と

こっそり言っておきました。

 

 

 

 

 

あ~~~~~っ!わたしゃこんな事で悩むのはきらいじゃ~~!

 

( ̄▽ ̄;)


 





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うwwwwん

 

今ね多肉ちゃんの花

 

段々可愛くなってきた。(^ー^* )フフ♪

 

 


 

プリンゼ

 

エケベリア

 

 

 


 むしゃくしゃする時はこの子達見るのが一番なの♡


nice!(0)  コメント(7) 

SOUL

 



41888q8gQSL__SL500_AA240_.jpg


確か去年の8月だったと思うんだけれど、
FM802の HAVEY ROATATION で聞いて
ビビビビッ!ときた曲があるんです。


nice!(0)  コメント(0) 

甘い誘惑

19時30分。私、丁度お風呂上ったところに長男がご帰還。


 


手になにやら提げています。


 


ん?と覗き込む私。それより先に発見していた主人が


 


「こうてきたんか~。」っと


 


「なに?なに?」


 


「ん。」と差し出す長男


 


 


 


 


 




 

 

もしかして・・・・ミルキーロール?

 

 

 

 


 



そうでした。

 

 

「わ~い!わ~い!」

 

子どものように小躍りする私を見て息子は「まるで幼稚園児やな~ぁ」

 

そこにすかざす 「幼稚園児のほうがもっと可愛いわい!」と主人 ミ(ノ;_ _)ノ=3

 

こらー!っと食って掛かろうと思いましたが、

 

バスタオル一丁ではそれもできず。。。( ̄▽ ̄;)

 

 

 


 




真っ白。。。甘さ控えめ。。ほんのりミルキー味 ・・・・・・だそうです。

 

私は明日のおやつにと大事に冷蔵庫にしまってあります。

 

夜に食べると、即、体重計の数字がアップするわよ~~。

 

甘い誘惑には負けません!

 

 

とか何とか言って

ある日突然糸が切れて

ドカ食いしてしまう

根性のないプチです (*^ー^)ノ

 

 


nice!(0)  コメント(5) 

スミレを考える。

春が近づき、あちらこちらで花の便りが聞かれるようになってきましたね。


 


我が家の庭にも春の主役のパンジーの花が元気モリモリになってきました。


 


 


 


パンジー。ビオラ。すみれ。。。。


 


区別が、ちょっとつきにくいということを聞きましたので


 


私なりに調べてみました。


 


 


 


パンジー 学名 Viola X wittrockiana (ビオラ x ウロットロキアナ)


                        別名    Viola tricolor hortensis (ビオラ トリカラー ホリテンシス)


 


 


1800年代に北欧で、野生のサンシキスミレ(viola tricolr)


             野生のスミレ ビオラ・ルテア(Viora. lutea)、


             さらに近東のスミレ ビオラ・アルタイカ(Viola. altaica)を交配して生まれ、


             現在に至るまで、園芸家達がより美しい花に品種改良にてがけたくさんの


             種類が生まれたのです。


 


 


やや俯きかげんに咲く様子から、フランス語の、“考える、思い”を意味する「Pensee(パンセ)」


が語源となっているそうです。


 


パンジー


 




 

 

ビオラ(Viola)

 

スミレ科スミレ属のラテン語名である。

園芸上はパンジーの小輪多花性種ヴィオラ(ビオラ)と呼んでいる。

より、原種のViolaに近いものです。

 



ビオラ






 

 

 

スミレ Viola  野生種

スミレ科スミレ属の植物の総称であるが、狭義には、Viola mandshurica(ビオラ マンジュリカ)

という種の和名。

 

菫(スミレ)の語源は一説によりますと、花の蜜だまりのところが、大工さんが昔使っていた墨壺=墨入れに似ているところからこの名称を頂いているそうです。

古くは法隆寺の建立当時の木材からこの墨線が発見されているといいますから、おそらくこの花の名前もとても古くから名付けられたのではないかと思います。

 

春の山に出かけると、そこらじゅうでよく見ることが出来る山野草です。

こちらも種類の多さには驚かされます。

 

スミレは、種でも増えるのですが、地下茎(根)が残り、毎年花を見ることができます。

種類にもよりますが、その環境に合うと宿根草となります。

 

上のパンジーやビオラは一年草あるいは二年草の扱い。

パンジーなどはほぼ真夏に枯れてしまいます。

 

 

 

スミレは

愛好家の方もたくさんいらっしゃって、たくさんのホームページやブログで紹介されています。

それを見ていると一日あっても足りないくらいです。

 

今回『花の写真館』の管理人さんの許可を得て『スミレの部屋』から

 

ごく一部ですが、こちらの画像を載せさせていただきました。

 

とっても写真が綺麗でわかりやすく分類してあります。

 

 

 

 

 

 



 

コレは去年ウチで咲いたマメちゃん発『ヒゴスミレ』

 

 

 

 

 

 

これらの原種のスミレを掛け合わせて パンジー、流通名ビオラ が出来たんですね~。

 

 

 

 

では、

 

パンジーとビオラの違い

 

 

1.花の大きさが違う

パンジーは花の直径が5cm以上のもの

ビオラは花の直径が4cm以下のもの

 

 

 

2.ビオラはパンジーより原種に近い

 

3・パンジーはビオラよりも花期が短い。

 

4.ビオラはパンジーより丈夫。

 

なんだかとりとめもなくまとめてしまいましたが、おわかりいただけたでしょうか?

 

今や、国内外を問わず、あらゆる園芸家や種苗家さんたちが、このパンジーやビオラの品種改良に努められ、色や形、がとってもバラエティーに富んだものになってきました。

そのうちに透明なパンジーなんて出てくるんじゃないかしらと。。。私たちを楽しませてくれてます。

コレは

まだまだ、無限大に広がりそうですね。

 

 

 


nice!(0)  コメント(4) 

桃色 ちらし

2010年3月3日


 



 


桃の節句




 



 

 

 

 

 

 

ちらし寿司をこさえました。

 

寿司飯を作り時に、

梅酢をすこし入れてご飯を炊き上げますと

うっすらピンク色に染まります。

お雛様のちらしにはぴったりでしょ。

 

あとは春らしいトッピングをあしらって、

蛤のお吸い物もつけましょう。

 

 

 

 

姫は私ひとりなので、ちょっと淋しいおひな祭り。

でも一人お雛さん眺めながらナゼだか?ニマニマお寿司を食べています。

ウチの男性陣は「あ~今日はおひなさんか~」と、ひとこと言って

やっぱりモクモクとお寿司食べてます^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけで今日はこれも作りました。

 

いかなごの釘煮

 

 



 

いかなごといったら関西では春の風物詩

まだ、すこし小さめでしたが、

とっても柔らかな釘煮になりました。



 

これがあると、ご飯すすみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                        

                          

あ~姫の日に姫がいらっしゃるなんて~(*v.v)

明日はちょっとブルーな一日になりそう。。。

 

 


 


nice!(0)  コメント(5) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。